SEOと並び重要なITマーケティング戦略

ランディングページの最適化は、SEOと並び重要なITマーケティング戦略のひとつです。ランディングページとは、検索、リンクによりユーザーが誘導される最初のページであり、必ずしもトップページということはありません。そのサイトが閲覧のみを目的とするようなサイトであればランディングページ最適化など考えなくてもよいのですが、マーケティングが伴うならば閲覧者を購買させるに足る適切なランディングページに閲覧者を導かなければ意味がありません。ひとつの例では、閲覧者がニコンの一眼レフカメラの購入を希望していて、検索やリンクであるページに導かれたとしても、そのページがビデオカメラを含むようなトータルな家電製品のリストのページだったり、カメラであってもフィルムも、デジタルも、簡易コンパクトも、一眼レフもすべて網羅するようなページでは短時間で閲覧者がそのサイトから離れる確率が高いということです。

ターゲティング方法に基づく連想コンテンツターゲティング

ランディングページ最適化の方法と一言で言っても、各種の方法があります。一般的になっているのは、ターゲティング方法に基づく連想コンテンツターゲティング(調査によらず入手可能な一般情報を元にマーケティングする)、予測的ターゲティング(過去の購買行動、人口統計情報、閲覧パターンといった情報を元に顧客の今後の行動を予測しマーケティングする)顧客志向ターゲティング(訪問者によりつけられたタグ、評価、レビューを元にマーケティングする)の3つです。またA/テスト、多変量テストといったテストの方法もあります。その他、最適なランディングページのシナリオ設計、レイアウト設計、デザイン・コンテンツ設計、ページ設計、ユーザビリティ設計の他、アクセス分析、既存顧客分析などもあります。一見何の変哲もないマーケティングサイトであっても、相応の売上を出しているサイトは入念なランディングページ最適化を施しています。

ページのトップへ戻る